起業時・成長時の融資・節税のサポートは、千代田区の 「税理士原俊之事務所」 にお任せください!

東京都 千代田区 税理士 原俊之事務所

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋一丁目7番10号 山京ビル本館305

営業時間

月~金:9:00~18:00
(祝日除く)

日当

 出張の旅費日当を活用しよう。

 旅費日当を使って節税が可能ですので、紹介させていただきます。

 税務上、出張の場合、旅費規程を作成しており役職ごとに日当金額を定めておくと、その金額が一般的な金額から逸脱していなければ、給与とは別枠で、出張者に旅費日当を支給することが可能です。


そ の場合の旅費日当は会社の経費となる一方、もらった本人は個人の所得税対象にならないため、税制上お得です。
 通常、日当は交通費、宿泊費などとは別に1日当たりいくらという定額で支給されます。

 

但し、注意点として以下があります。


・旅費規定を制定したら、そのとおりに支給しないといけない(社長や特定の人だけ支給するということはできない)

 つまり、旅費規定に基づいて社員が出張したら、当然ながら社員にも旅費日当を支給しないといけません(役職で対象の格差はつけられます)。
社員の主張が多い会社ですと、経費が事実上増加してしまうことにもなりかねません。

 

・日当の適正金額は?


 国内出張と海外出張でも異なりますし、出張先によっても異なります。
 他社の日当の事例などもありますので、そういった金額を勘案することが多いですし、
 会社の規模や経営成績、そして給与水準などの個別事情もそれに加味したりします。


 月給が高い方の余分な拘束時間などを考慮すれば、ある程度の金額を支給することも妥当だったりもします。
 ですので、ここで一概にいくらなら良いというわけにはいかないですし、また我々の商売のネタでもありますので、個別にお問合せください

 

 【税理士への無料相談はこちら】

千代田区 税理士原俊之事務所

お問合せはこちら

お気軽にご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

03-5211-5945

営業時間:月~金 9:00~18:00 (祝日除く)

どのような内容のものでも、
とりあえず、対応させていただきます!

サイト内検索窓口
Google
WWW を検索 http://www.hara-zei.jp/ を検索

お問合せはこちら

03-5211-5945

info@hara-zei.com

営業時間:9:00〜18:00
(土日祝日除く)

千代田区税理士へお問合せ

贈与・相続のお問合せ

所長より

税理士 原俊之事務所の
税理士の原 俊之です。
ホームページにお越しいただき、ありがとうございます!

気になることがありましたらご連絡お待ちしてます

03-5211-5945

03-5211-5946

info@hara-zei.com

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋一丁目7番10号山京ビル本館305

「飯田橋駅」 より徒歩7分

事務所紹介はこちら

無料相談はこちら